MENU

奇跡のような日

 

ある視点から見れば当たり前で、

ある視点から見れば特別。

 

そんなスペシャリーな平凡を生きている。

 

ならば常に後者な視点で物事を見た方が、

幸せを感じることが出来るでしょ?

 

アナログフィッシュというアーティストの曲を聴きながら早朝より畳を取りに伺った。

 

道中1時間強で何か特別な気分になった。

 

 

僕には人生をかけて関わりたいモノ、コト、ココロがある。

 

家族、仲間、場所そして文化。

 

 

一歩ずつ思い出していく。

 

 

あの頃にあったもの。

 

大切な心。

 

 

モノづくりはヒトつくり。

 

今日もありがたい仕事をやる。

 

 

あの人の当たり前を特別なものにする仕事。

 

 

”僕の運命と、ただの偶然が

混ざり合って絵の具のように、今日を描いてゆく。

 

君のシルエットと、街の風景が

重なりあってフィルムのように、目に焼き付いている。

 

奇跡のような日”

 

、ほっこりしようぜ

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる