MENU

デッドライン

 

締め切りのことをデッドラインと呼ぶ人がいる。

 

また終業時間のことをデッドラインと呼ぶ人もいる。

 

どちらにしろ

工期や締め切りが実際にはあやふやな仕事をするとき、

 

何かしら効率性が悪い場合。

メリハリをつけたい場合。

締め切りを設け約束をしてしまうというのが、一番奮起せざるを得なくなる方法だと誰かが言っていた。

 

なるほどなーっと思い、

デッドラインを決めまくったら、

時代に追われることとなった。

 

ある程度自分が今できる容量をキチンとしていないとただの出しゃばりになってしまうことを実感中。

 

何事も勉強だ!!経験だ!!!

とラジオパーソナリティーは慰めてくれるけど(僕に向けてではないにしろ)、

 

何事もバランスだなぁ(しみじみ)

 

秋の夜長の強風な早朝。

 

今日もデッドラインが(間に合わなっから命の源、信用を失うと自分に言い聞かせてる)

 

あれなんで、今日はこの辺で!!

 

一日一個。三日で三個。5年で1825個計画!!!

多分そんなにデッドラインが厳しいなら、ブログ書かなきゃいいのにって思われている方いますけど、

 

ブログはわが社のライフラインですから(したり顔)

 

 

個性を貫け!!!!い草人!!

image

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる