福岡県飯塚市幸袋|古民家の和室畳(たたみ)部屋

目次

古民家再生と琉球畳

福岡県飯塚市の古民家に畳を収めさせていただいたので、使用した素材とお部屋の写真をご紹介します。

【使用素材】

  • 畳床:-
  • 畳表:七島表
  • 畳縁:-

日本文化の伝承

”懐かしい未来”への思いを胸に、今再生を遂げようとする古民家がある。

その一角に七島表を使用した本物の琉球畳をヘリなし仕上げで納めました。

こだわりとその思いをしっかり感じて、その思いに負けない素材を選びました。

生産者の淵野さん。

写真手前のメガネの方が淵野さん。

大分県は国東半島で、脱サラし選んだ七島表伝承への道。

昼は生産。夜はアルバイトをしながら。

優しい顔つきとは裏腹にその熱い思いで、織り上げた七島表は、まさに命がこもっていて、風格が違うんです。

たくさんの方がその風合いと香りに頬をすり合わせてた姿は今も脳裏から離れることはありません。

僕らは自然の中で生きている。

そのことを強く感じたとても素敵なお仕事でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる