優しいDIYで心がほっこり

 

「母ちゃん、ちょっと来て来て!!」

 

畳を納め終えたあと、ご主人は嬉しそうに奥さんを呼んだ。


 

一週間前、一度借家の畳でお世話になった方から電話をいただいた

指定された場所に伺ってみると

ご主人が外国人の従業員のために手狭になった休憩室をDIYで改装していた。

 

手作りの部屋に通されると

「ここに畳を敷きたいんだ」

 

と八畳間の空間を指差した。

 

こう言っちゃなんだけど、いかにも手作りの部屋。

 

専門用語になるけど曲(くせ)がすごく所々に凸凹がある。

 

だけど、しっかり休めるようにと細かい配慮もたくさん。

 

この優しい空間。必ずやいい畳を納めたいと、細かく寸法を取り、

切る。縫う。切る。縫う。

 

そして納品日が今日だった。

 

 

しっかり入り、ホッと一息。

 

畳って真四角だったり長方形だと思っている人が多いんですが、

実は基本的に真っ直ぐなのは真ん中の畳だけで、

壁に接している畳は壁の通りに作ってあるんです。

 

新築の家はあんまり曲がってないけど、

古民家だったり、手作りだったりすると、結構な曲があり、

測るのも、作るのも難易度が高くなる。

 

そして何より無事に納まってしまうまで、すごい形の畳を作りながら

「これ無事入るのだろうか」

 

と心配になっていくもので。

 

ここんとこそういった空間が多かったのでドキドキしている日々。

 

間違えるのって結構難易度低めのとこだったりするのですが😅

 

 

まあとにかく、

「母ちゃん、ちょっと来て来て!!」

 

わあ綺麗になったねー

 

って喜んでくれたことが本当に嬉しい。

 

自慢してもらえる畳。

 

ってのが職人としての僕の秘めた思いです。

 

 

明日はいよいよ7都市に緊急事態宣言が発表されますね。

 

みんなが今できることをやる。

 

色々思うところはあるのだろうけど、

今こそ一丸となって未来に誇れる行動をとろう

 

そしてきっと乗り越えて、オリンピックでまた世界が一つになれますように。

 

 

 

それではまた。

 

 

今だからこそ、今しかできないほっこりを。

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

おしまい

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる