畳に日本の美を見る畳屋さん①

 

僕がい草、い草と言い始めてついに共有出来た思い。

 

”畳は陰影が美しい”

 

image

 

これは実に日本人らしい感覚であると思っています。

 

上から照らす照明ではわからない。

 

畳を横から照らす光。

 

行燈や和蝋燭の光源がかもし出すなんとも言えない

趣(おもむき)

 

そんな侘び寂びの話を打ち合わせでもなく、

営業でもない雑談の中で話す。

 

結果的に畳屋として依頼もお受け出来たのですが、

 

二、三時間話が終わると楽しかったですね。と

 

お別れをする。

 

 

。。。

 

これが古き良き日本なのかはよくわからないけど、

 

効率より思いを大事にした巡り会いが

 

豊かな時間を与えてくれたのは確か。

 

 

そんなこんなで

古民家の畳、楽しく作ってます。

 

 

今日は床作りだけをし配達と採寸とセミナーへ。

 

まだまだ年内は色んなイベント目白押しでつづく、

古民家のお仕事。

 

 

また書きます。

 

今日から12月。

 

事故と病気には気をつけて

 

image

ほっこりしようぜ

 

 

 

おしまい

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる