最高の職業病

 

佐野畳屋は五方良し。

近江商人の三方良し経営も越える職業です。

 

学べば学ぶほど人の暮らしを豊かに出来て、

成長すれば成長するほど、地球にも優しくなれる。

 

最高の職業。

それは畳屋ではなく佐野畳屋でありんす。

 

そんなこと言っちゃうほど誇れる生き方です。(手前味噌)

 

ん?

手前は味噌で、奥が醤油味。

まあ美味しそう

 

ってバカーー

 

 

ね?

 

楽しそうでしょ(笑)

 

冗談はさておき、

本当に畳屋って最高なんです。

五方良しってのは、

自分、お客さん、生産者さん、材料問屋さん、そして社会。

 

僕が頑張れば頑張るほど、お客さんが笑顔になってくれる。

例えば畳の奥深さを学び体験してもらったり、

気になっていた場所を綺麗に出来たりと、恵まれた人脈の中で、

お客さんの想像を越える努力をする。

 

僕が頑張れば頑張るほど、生産者さん、材料問屋さんが笑顔になってくれる。

 

ただ買うという経済活動に加え、生産者さんから思いを受け継ぎ届け、届けた時頂ける思いを

生産者さんに届ける努力をすれば、生産者さんも材料問屋さんも笑顔になってくれる。

 

僕が頑張れば頑張るほど、社会が良くなっていく。

思いを発信し、共鳴してくれたみんなと肩を組み、思いをスパイラルアップさせていく。

 

その“渦”はやがて吹き止むことのない愛のハリケーンとなり世界を癒す。

自然の中に生きれることの豊かさを、

風の匂いも雨の匂いも、おひさまの匂い、そして人の生き様が染み込んだ畳の匂い。

そして肌触り、そして優しい色彩。

 

 

 

 

そしてそんなみんなの笑顔は僕の人生を最高のものにしてくれる。

 

そんな思いはありがたく新聞に掲載され、

少しだけ伝染した。(笑)

最高の端材で作ったい草の香り袋、大阪へ。

 

 

そんな妄想が僕の最高の職業病ってブログww

 

 

 

い草サイコーーーーー

 

 

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる