暮らしの中に生きていく 三宅建築工房×佐野疊屋19

 

久方ぶりでございます。

ブログは書かずともスペシャリーな平凡を暮らしている僕自身であります。

今年の夏は暑いなマジで。。

しかも長いなんて思っていたのも今はいい思い出で、

涼しく眠る夜になんかはあー幸せだなーなんて思っちゃうもんで、

 

実はあと一月ほどで第三子と会える予定です。

 

とその前に明日はい草産地は八代へ。

今年はい草狩刈りにはまだまだ復興中でありますあの豪雨で行けず、

春以来?の産地礼賛となります。

 

今年のい草はどんなかな?

の前に生産者さんたちと会ってお話しできるのが一番嬉しい。

そしてい草は子供に優しいをテーマとしたセミナーでしっかり学び、

またみなさんのお役に立てたら幸いです。

 

さて、昨日は飯塚は三宅建築工房さんが建てられた家に畳を納品して参りました。

 

パイン材のフロアに漆喰壁、ぶらさげ型のランプに市松を映し出したかのような天井デザイン

小上がりゆえの収納に、やっぱりパッシブデザインが素敵。自然光が明るく、窓が機能的。

 

自然の中に暮らすということを意識させてくれます。

 

やっぱり僕は自然が大好きでそれは日に日に強くなる一方で、

自然のもので人の役に立っていきたいと思うわけであります。

 

もう10何年前から言ってますが、

安らげるお洒落を作っていきたいのであります。

 

というわけで、い草学んできます。

 

農業の上にあるい草。

お米、麦、野菜。

 

衣住食

暮らすというのは生きるということ

豊かな心で過ごしていける世の中を紡いでいきたいものですね。

 

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

ひさびさ

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる