心を作る時間割り

 

過去を生かす方法は一つしかない。

 

受け止め同じ過ちをしないよう努めることだ。

 

毎日毎日たくさんの過去を生み出しながら生きている。

 

ココロの作り方次第で過去は財産にもなり、

コンプレクスにもなる。

 

 

過去を生かせ!!

 

 

こんにちは。

 

全ては自分に言っています(笑)

 

 

 

佐野畳屋では価値観の共有を大切にしていますが、

それは全て価値観が違う事を認め合うことからはじめます。

 

人それぞれ違う過去をもって心が形成されているから、

当たり前ですが、価値観が違う。

 

 

それを俺流にしたり、そう思うだろ?

と説いてみても心にはおちない。

 

だからまずは僕の価値観を徹底的にさらす。

 

好きな本だったり、好きな音楽だったり、尊敬する人だったり、好きなお店なんかを言う。

 

なんでそれが好きなのか?をコミュニケーションする。

 

そして好きなシーンや、好きな言葉をコミュニケーションする。

 

だいたいそれで価値観が合うかはわかったりする。

 

だから、本を読むことを大事にしている。

漫画でも良いけど、それぞれの映像論が展開する小説ならもっと良い。

 

今まで活字をほぼ読んでないという職人ありちゃんに、僕のバイブル的超大作、北方謙三さんの水滸伝を貸した。

 

果たして無事あのワールドをともに語れる仲間になるのか?

 

ならなくても全然構わないけど、なってくれたら、

佐野畳屋の理念が少しだけ腹に落ちるだろうと思ってハラハラしています。

 

 

モノを作るヒトをつくる。

 

夢を描ける会社を作る。

 

 

そんな畳王に俺はなる!!

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

おしまい

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる