守りたいものがあるのなら。

 

 

おはようございます。

 

守りたいものがあるのなら、

守る準備を固めていかなければならないと思った35歳男のりたろーです。

 

 

 

がむしゃらに感覚的に守るんだ。伝えるんだ!

 

ってやってきました。

 

熱い男ではありますが、熱いだけで守れるほど、単純なものではないのかも。

 

例えばバナナの叩き売りをやってたとして、

 

バナナに対する思いを熱く語ったとする。

 

売れるだろうか?

 

バナナの生産者さんが、どんな風に頑張ってて、一生懸命作ったと語っても、もらえるのは同情票だけになるんじゃないかな。

 

守りたいなら、一時的なものではなく、継続的なものでないといけないから。

 

生産者さんの思いも大切。

現状を知り、つながって頑張るのはとっても素敵だと思う。

 

でも、本当に守りたいなら、もっと大きな視野をもち、

じゃあつまりなんでそれがいいのか?

 

それを使ったらどんなことが起こりうるのか?

 

それを掘り起こし続け、伝え続けることが大切なんだな。

 

色んなご縁が色んな角度から面白い展開を見せてくれる。

 

 

少しわかりづらいブログだけど、

 

 

やったりますからね。

 

 

今はまだ熱いだけの男ですけどね。

 

 

い草を売るんじゃなく、

 

 

い草を伝えるではなく、

 

 

い草が伝わり、売れていくフィールドへ。

 

 

押し付けがましい知識ではなく、

 

包み込むような柔らかい発信で。

 

佐野畳屋3代目の挑戦は続く。

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

おしまい

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる