大地に咲くがごとく

依頼を頂いた。

 

”古い畳を新しく入れ替えたい”

 

 

予定を合わせ、伺ってみるとかなりぶよぶよした状態。

 

一枚剥ぐってみたら、湿気と経年でかなり使い込んで頂いていました。

 

要望通り張り替えではなく、新調を勧め決定。

 

畳だけでなく座板も踏み誤ればバキッといくであろう感が漂う。

根太を補強し(別の方が)

 

いざ畳を交換すると、

ガッシリ不安定感も解消され、

 

「これならいつ死んでお葬式になっても大丈夫だわ」

 

 

って。

 

いやいや、せっかく変えたのだから安心して長生きしてくださいね。

と僕。

 

 

そう。日本人らしい心遣い。

 

自分が死んで誰かがお葬式に来てくれたとき、

せめて足元くらいはしっかり整えておきたい。

 

 

素敵な心遣い。

 

 

だけど施主さんにも

歩く、座る、寝る

 

そんな大事な場所をしっかり整えて、、

 

しっかり楽しく過ごしていただきたい。

 

 

畳は1300年もの間、人の生活を支えてきた大地。

 

 

その上でこそ咲く花もあるでしょうから。

 

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる