和風の定義。愛おしき忘却の果てに。

 

畳イコール和風って発想が嫌でした。

 

畳は和だけじゃねーべ!

 

とか、言いながら

 

洋風化された住宅環境の中にいかに合わせていくのか?などという恐ろしい想像に至ってしまった時も、ありました。

 

そして昨日気づいたんです。

和とは和であり、それ以上でも、それ以下でもないただの言葉である。

 

と、

 

意味は特にありません。

 

ただボォーと過ごす時間はなんとなく、ソファーやベッドの上でなく、山や、海、川ベリなどといった自然の懐に埋もれたい。

 

 

大好きな人の膝枕もありがたい。

い草の畳なんかがバランス的にちょうど良い。

 

 

モノとコトとココロが生んだ最高傑作が日本にはある。草、土、水、火、光、闇。

 

 

 

それを和む時間と呼び、

そんな風が吹くことを和風と呼び。

 

だったら、僕に出来ることは

 

ただ必死に自然と向き合い、

高めて行くことのみ。

 

洋の中にでこそ、和は輝き、

和の中にこそ、和に気づけり、

 

生の中にこそ、和でありけり、

 

 

簡単に言うならば、

こんな意味もなく、ボォーとした10分を、

 

自然の中で過ごす時間。

 

その箱を天然基地と呼ぶ。

 

 

そんな書斎。

 

そんな寝室。

 

そんな空間。

 

それは時間と自分を、

 

無にしてしまう。忘却の時。

 

 

 

ね。

 

それを伝えられたあなた。

 

意味わからんでしょ。

 

 

天然基地で描く忘却の時に。意味は必要ないんです。

 

 

和風の定義とは、

 

 

自然であることと読み解いた、

 

意味不明な、

そんなブログ。

 

 

 

ほっこりしようぜ

 

 

 

おしまい

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる