MENU

子供に優しい家づくり 三宅建築工房×佐野畳屋11

 

最近はますます自然素材、オーガニックなんかと関わる機会が増えてきた。

それは僕がそういったものを好み発信しているからだろう。

 

実にありがたい。

 

 

住宅メーカーさんから見たら、家づくりが日常で、

たくさん建てれば建てるほど、効率か非効率でものを考えたりすることもあるかもしれない。

 

いくらで仕入れ、いくら分手間をかけ、いくら貰えば、いくら利益が出る。

 

商売は利益ゲームじゃないんだ。

 

もちろん数字が大事なのは重々わかってはいるけど、

 

その利益ゲームにお客様を巻き込むのは絶対に間違っている。

 

こんなお客様に喜んでもらえるよう、いくらで仕入れ、いくら分手間をかける。

 

そんなことを想像しながら計画する経営を考える。

 

三宅社長とそんな話をしたわけではないけど、

三宅建築工房の家にはいつもそんなことを感じるんです。

 

杉材、パイン材の無垢板。

ホタテの漆喰に、

換気と通気を考えた自然の在り方と生きるパッシブデザイン、

 

誰のための家か?

 

 

一生で一度の買い物。

 

何回も建てる方もいるけれど、

 

 

一生で一度だと建てる側から強く意識している住宅メーカーさんだと思う。

 

 

もちろん畳もそのつもりで提案し、

仕入れ、作り、納めさせていただいています。

 

今回も素敵なお住まいでした。

 

ありがとうございました。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる